「花のや」さん

私事ですが、以前に津軽地方で暮らしていた時期がありまして。。。
その時に出会ったとても印象深い大好きなお店がありました。
平川市にある一軒のお店、花のやさん。

初めてこちらのお料理を頂いたとき、
黒豆ごはんを「ぱくっ」と口に入れた途端、すーっと心が軽くなったのです。
その不思議な感覚が未だに忘れられず、

再び来ちゃいました。
実に実に5年ぶりです。





清潔で開放感のある和風のお家。
沢山の染物があちこちに掛けられていて、、ああ、変わってないな~


「狭くてごめんなさい」
と言われて案内して頂いたスペース。
この日もお客さんたちで大賑わいでしたが、狭いなんてとんでもない!
あずましく(気持ちよく)過ごさせて頂きました☆


5年越しの花のやさんでのお食事。
これなんです、、、これなんですよ!
素朴といえば素朴ですが、一品一品に込められている愛情はもーお皿からいっぱいいっぱい溢れています。
私がリスペクトしている形は、まさにこちらなのです。

…が、、、この花のやさん。。。
ランチだけの営業にもかかわらず、いつも大人気でお客さんで溢れている程の人気店だったのですが、
今月一杯(2013年5月)で15年の歴史に幕を閉じられるとの事。
お聞きした時はショックでショックでその日は立ち直れなかったのですが、
どんなことにも「終わり」って来るものなんですよね。
「今」をその引き際と決めた店主さんのお話を伺うと、ショックであることには変わりなかったのですが、

「このお店を開いてくださって、本当にありがとうございます。」

そういう気持ちで一杯になりました。

「食とは「人を良くする」と書きます。」

栄養士時代、よく子供たちにこんな話をしていました。
今思うと、当時の私はその本当の意味を良く理解していなかった。
ビタミン、ミネラル、体を作る栄養素だけではなく、
心にまで響くお食事があるのだということを。

花のやさま、本当にお疲れ様でした。
是非ぜひいつか「ゆう」にも遊びに来てくださいね!

5月31日までやってます。
まだ間に合いますっ!!⇒食べログ

コメント

お名前
件 名
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字