6月の出展作品のご紹介

ひと月が経つのってあっという間ですねー

さてさて、ギャラリーゆう6月号を盛り上げてくださる作家さんをご紹介させて頂きます!
(HPをお持ちの作家さんにはリンクを貼らせて頂いております。)

日程:6月22日~25日
時間:11時~18時

 Aさんのチクチクちりめんお人形
 Kさんの布草履
 花こもんさんの摘まみ細工
 Iさんの布小物
 Yoko's Jewelryさんの天然石ジュエリー
 Kurea Mamaさんのハンドメイド

今回はAさんのチクチクちりめんお人形とKさんの布草履をご紹介させて頂きますね◎




Aさんのチクチクちりめん人形

手の平サイズ、お手玉サイズのお人形です。
優しいお顔でしょう!!??
お写真眺めているだけでとーっても心が和みます。

そもそも、ちりめん細工とは??
「ちりめん」とは、細やかな「しぼ」のある優しくて美しい絹織物。
江戸時代、着物用に仕立てた際の余り布を使って、お人形を作りだしたのがちりめん人形の始まりだそうです。
ものを大事にする心を養い、手先の器用さを身に着けるための、
日本女性の教養の一つとして受け継がれてきた伝統工芸品です。


こちらはおしどりのお人形。
縁起物ですよ!
作品は2羽で一組。
インテリアにも贈り物にも最適です。玄関のお飾りにも素敵ですね!

Kさんの布草履

布草履の季節到来です!
これ、お部屋の中で履いてみてください。涼しくて足に優しくフィットするので、
もー快適も快適なんです。
こちらも裂き織同様、古くて着物や手ぬぐいとしては使用できなくなった布を裂き、
強固に編み込んで草履にしたのが始まりなのだとか。

「歴史を刻んだ布を最後まで大切にしたい」

そういえば、先ほどご紹介したちりめんのお人形も、
余った布に別の命を吹き込んだものでした。
あーーー、物を大切にするという古き良き「和」の心を、
もう一度自分自身に投げかけてみた後猛省です。


こちらの布草履は毛糸を使って編まれたものなのだそう。

そしてこのKさんの布草履、
なんと7月にワークショップ開催決定です!

日程:7月27日(土)…キャンセル待ち
     28日(日)…キャンセル待ち

時 間:13時30分から約2時間半
参加費:1500円
持ち物:7cm幅に切った布を7m分×2(左右)
    ※鼻緒は先生が準備してくださいます。
募集人数:各日5名(残りわずか)
※キャンセルはご遠慮ください。

お申し込みはギャラリー6月号開催中にゆうへお越し頂くか、
ブログ右下の「問い合わせ」から直接ご連絡ください。
ご返信先のメールアドレスは、携帯電話の場合、
Gmailからの受信が可能なように設定をお願い致します。

皆様のお越しをお待ち申し上げております!




コメント

お名前
件 名
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字