秋の風物詩「芋煮会」より


「芋煮会」
なんていう耳慣れない言葉を初めて聞いたのは、かれこれ15,6年前の事。

「この辺りでは、この時期になるとBBQやるみたいに川原で『芋煮会』っていうのをやるんだよ。」

福島県の友人宅へ行った時のお話。
へええええ、「芋煮会」ですか!
初めて見知った文化と、思いっきりジャパニーズなネーミングに、ちょっと衝撃が走ったのだけど、

木枯らしが吹き始めた川原で頂いたそのお味は鮮烈に覚えていて。
お椀を持つ冷たい手が徐々に暖まり、
ハフハフしながら、湯気ごと口の中へすすったら、
体も心も一気にぽかぽかになったっけ。

短い秋を大事に思う、東北地方ならではの風物詩。
今月のゆうで、その時の味を再現してみたいと思います。

ゆうの芋煮会は、
里いもときのこ類、牛肉を使って。


サンマとの相性もグーーーーッドですemoji


折角の“秋”ですから、
芋煮汁(単品)だけのご提供も考え中です。

旬彩御膳のご紹介はコチラへ。
みなさまのお越しをお待ち申し上げております。

コメント

お名前
件 名
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字